キヤノンに新規投資

キヤノンに新規投資しました。

3764円で100株です。年間で税引き後12000円の配当金が加算される予定です。

これで今後1年間の予定配当金額が48万円となりました。1ドル110円、1香港ドル14円換算です。

キヤノンは連続増配株ではありませんが、1949年の上場以来1度も年間で赤字になったことがありません。製造業のイメージが強いのですがディフェンス力ありますね。

30年に渡って減配したことがなく、株主還元の意識の高さが表れています。日本株の中では稀有な存在ですね。

日本株で高配当株投資を好む方はけっこう持っている人が多いイメージがあります。

購入した理由

①配当利回り4%の高配当銘柄

②今年に入り下げが続いており、割安感がでている

③配当権利日(6月末)が近い

④日本株が欲しかった

減配しない銘柄なので、基本はホールドしていきたいと思います。僕はカメラは宮崎あおいのCMにやられてずっとオリンパスなのですが、これからはキヤノンにします。

優秀な研究者と特許部隊

キヤノンは、米国における特許出願で日本企業では13年連続ナンバーワンです。米国企業を含めても、一桁台の順位で、有数の地位にいます。単純に数だけならIBMが1位なので、特許数と株価とは何の相関関係もないことがわかるのですが笑、優秀な技術者が多いことは安心材料です。また発明を特許化する特許チームも獅子奮迅の働きなのでしょう、特許が重要な要素を占めず暇そうな特許部員が多いエンタメ業界とは異質なのでしょうね。

医療機器事業に期待

キヤノンについては、医療機器事業の今後の発展に期待しています。2016年に東芝メディカルシステムシステムズを買収したのは記憶に新しいですが、今後海外での売上が伸びていくだろうと思います。景気に左右されず安定的な需要が見込める事業で、医療機器は1度その製品を使うと他の製品に変えるコストが高く継続的に同一製品を使う傾向にあるため、ストックビジネス的になります。利益成長の創出役になるとよいです。

キヤノンの現在の指標

株価 3761円

PER  16.69

配当利回り 3.99%

一時期利回り5%の時期がありましたが、そのときは買えた人はお宝ですね。

しかし新規銘柄を買ったあとに見るわが社のCMの輝かしさは異常です。いつも見てたCMなのに。株主としての喜びです。これがあるから個別株投資はやめられません。でも銘柄に惚れるな。これで、勤務中にキヤノンをググることも減る、、かなあ。

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です