SUBARUが新たな燃費不正を公表

持ち株であるスバルが本日、新たな燃費不正に関する報告をしました。

スバルは今年の4月27日に、スバルの工場において燃費・排出ガスの抜き取り検査の測定値を書き換えるという不正行為が長年にわたって実施されてきたという社内調査を国交省に報告していますが、今回新たな不正行為が見つかったということです。それを受けて、CEOも交代する予定です。

不正車両は、1551台へ

これまでは試験データの書き換えが判明していたのは903台だったのですが、今回の報告で、新たに1551台になったということです。数だけみると、リコール時には数十万台という数字を聞くので、少ない印象ですね。ブランドイメージへの影響は別ですが、直接的な損害は少ないように思います。

株価への影響

(出典:SBI証券HP)

本日のスバルのチャートです。今日の14時頃に新たな不正について発表され、株価は下げましたが、そこまで一気に下げたという状態ではありません。市場はそこまでスバルの業績に影響がないと判断しているのかもしれませんが、上値が重い状態はこれからずっと続いていくのでしょうね。

僕はブランドイメージへの毀損はそんなに心配していません。

もう三菱自動車の不正も話題にならなくなりましたが、人間はすぐ忘れて移ろいゆきます。また、僕自信今回の不正を受けてスバルの車は一切買わないというマインドには全くなっていませんし、スバルへの憧れと信用は揺るぎません。一時的に販売台数が落ちても、すぐに復活するのではと思っています(楽観しすぎでしょうか)。特にスバルは販売台数の8割をアメリカが占めますので。僕のようなロイヤルティの高いユーザーがいる一方で、実際に不正が明るみに出て以降の販売台数は現実として落ちているようですが。

SUBARUのCMに惚れる

僕はスバルのストーリー性のあるCMが大好きです。ときめきます。

よく金曜ロードショー中に流れますが、CM流れるとにやけてしまうくらいです。誰よりも冷たい瞳に誰よりも熱い思いを抱く男でありたいと思う男の心に響くものがあります。

特に「Your Story with-路篇」が1番のお気に入りです。妻とこのCMを見るときは、このCMのよさは男にしかわからないともっともらしく語っています。

売上、営業利益、純利益の推移

(出典:SUBARU HP)

2014年からと新しいですが、売上げは右肩あがりですが、鈍化していますね。営業利益・純利益も安定しているのではないでしょうか。2016年のみ突出しています。

なおスバルはトヨタよりも営業利益率が高い企業です。

販売台数推移

(出典:SUBARU HP)

販売台数は右肩上がりです。注目すべきは、北米市場の販売台数が圧倒的ということです。海外で稼げる会社ですね。ただ米国がリセッションになったときの影響が怖いですね。

配当性向推移

(出典:SUBARU HP)

現在配当利回りは4%を超えており、配当性向は50%ほどです。

利回りは高いですが連続増配株ではありません。製造業という業種柄、減配の可能性も常に考える必要があります。

スバリストという言葉があるように、少数だけど一部に熱狂的なファンがいる会社は、投資したくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です