夏のボーナスで投資したいアメリカ株3選【CMCSA】【DIS】【SBUX】

来週いよいよ夏のボーナスが入金されます。ボーナスをずっと心待ちにしているサラリーマンという身分に甘んじている現状がとても切ないのですが、はやく資産を積み上げていきたいものです。

夏のボーナスで投資するとしたらどの企業がいいかをいろいろと考えています。投資する企業を考える時って、実況パワフルプロ野球で自分のドリームチームを作るときにクリーンナップのバッターを誰にしようかといったことを考えるようなわくわくする楽しみがあります。これがある限り株はやめられません。

しかしここ数年は、夏のボーナスが入る頃にいつも市場が調整局面を迎えているような気がします。

ボーナスがあってもなくても投資したいのですが、ボーナス使って投資しようかなと思っているアメリカ企業を挙げてみます。

【CMCSA】コムキャスト

AT&Tによるタイムワーナー社の買収がアメリカ競争法違反ではないというアメリカの連邦地裁の判決が出て以来、メディア企業がニュースを賑わす局面が多くなってきました。

特に21世紀フォックスを巡りディズニーとコムキャストは買収合戦を繰り広げています。

僕は映画が大好きなので、アメリカハリウッド企業は是が非でも投資して押さえておきたい願望が強いです。

投資しなくて株価が上昇した場合に、1番後悔する可能性が高い企業です。オーナーになってからジュラシックワールド炎の王国映画館で見たい。

投資しようかしまいか考えて結局投資を見送った企業はいくつもありますが、これまでに投資しなくて1番もやもやした気持ちが残っている銘柄はNIKEです。最近株価絶好調です。50ドルくらいのときに迷いに迷って投資しなかったのですが、現在は70ドルオーバーです。最強のディフェンシブ銘柄と化しています。少額でもいいから投資しておけばよかったなあ。NIKEの株主になってNIKEのシューズ履きたい。ボーナスが普段の1.5倍出たら株価関係なく資金ぶっ込みたいのですが、そんな夢は夢の中の話でした。

コムキャストは直近の増配率が20%と高く、またリーマンショックでも意外と下げ幅は相対的に小さいんです。

コムキャストの現在の指標

  • 株価:33.81ドル
  • 予想PER:13.12
  • 配当利回り:2.31%

数字はSBI証券HPからとっています。来週上がりすぎなければ25万くらいコムキャストに新規投資するのがプラン1です。

【DIS】ディズニー

追加投資候補銘柄となります。投資額が小さいので、大きくしたい。

アメリカ株に投資している人で、ディズニー好きの娘がいる場合はディズニーに投資しないという選択肢をとるほうが難しいのではないでしょうか。それくらい娘や幼稚園の妻のママ友を見ていると万里の長城のような圧倒的ワイド・モートをこれでもかというくらい実感する企業です。娘とディズニーのプリンセスごっこをしているとディズニーに興味なくてもプリンセスの名前を覚えてしまいます。ディズニー好きではなくとも、ディズニーにお金を貢いでいる状況に耐えきれず、どこかで我慢のダムが決壊して投資してしまうでしょう。せめてオーナーとして分け前を享受したい。

僕は、業務でディズニーが日本企業に提示している契約書を見たことがあるので、どれほどこの企業が日本企業搾取夢を与えているかに触れているのも、投資額を増やしたい理由です。

ネットフリックスよりディズニーの時価総額が小さいという現象は僕の理解を超えています(なので投資で成功できないのでしょう。同様ですが、何も現物を生み出していないFacebookの時価総額がトヨタより大きいのも全く腑に落ちません)。

オリエンタルランドとディズニーとの契約書の内容を向学のために1回見てみたいものです。

ディズニーの現在の指標

  • 株価:106.34
  • 予想PER:13.0
  • 配当利回り:1.58%

【SBUX】スターバックス

さえない動きが続いていますが、よい買い場ではないでしょうか。

ここ1年半くらいウォッチリストに入れている銘柄ですが、今はボックス相場の底値付近です。

先日の決算発表で株価が10%急落しています

もうグロース株の位置付けではありませんが、なんだかんだでみんなオシャレなスタバが大好きでしょう。近くのセブン&アイ系列の大型商業施設のスタバは常に混んでいます。

僕の娘は日曜日になるとスタバ行きたいスタバ行きたいといいます。子供用のメニューがあるのも嬉しいです。

妻もスターバックス好きで定期的に季節限定のなんとかなんとかかんとかという甘そうな飲み物を買います。

そんな状況でスタバの株主でないという現実に耐えられるほど私の精神力は強力ではありません。我慢の限界がかなり近いです。

ディズニーもそうですが、たとえ投資して株価が含み損になっても、妻と娘が好きでその企業のサービスを利用するたびにふとなぜか心に生じる、自分はその企業の株主ではないという屈辱感が蓄積されるよりは精神的に楽かもしれません

配当利回りがなんと3%近くなっているのが驚きです。

最近は僕の中では四半期決算のたびに10%急落する銘柄といえばゼネラル・ミルズ(GIS)とスターバックスです。

スターバックスの現在の指標

  • 株価:51.24
  • 予想PER:15.7
  • 配当利回り:2.84%

貯金

1番つまらないですが、この選択肢も大いにありです。

こればかりは誰にもわかりませんが、景気のピークアウトがもう近いとすれば、キャッシュ・イズ・キングのターンです。

個人投資家の株の書籍が多く出たり、投資漫画のインベスターZがドラマ化されるなど、天井フラグといえるものはたくさん出ているみたいなので、キャッシュ比率にも注意しようと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です