妻がマイホームが欲しくて欲しくてヒステリックブルー症候群

そろそろ家を買うことを検討しています。僕は自分の価値観としては一生賃貸でよいと思っている派です。持ち家か賃貸かどちらが得かという論争はよく見受けられますが、僕はお金がいっぱいあれば買えばいいし、なければ賃貸でいいじゃんと単純に思っています。

理想としては積水ハウスの戸建てが欲しいのですが、金額的に厳しいです。また買うならマンションよりは自由に改造できる戸建てがいいなあと思っています。地下シェルター兼シアタールーム付きのうちが欲しい。しかし、今住んでいるエリアで自分が欲しいと思う戸建ては、総じて準富裕層の資産額を超えてしまうので、予算的にこれも無理ということで、マンションで検討を始めました。

マンション購入検討を始めた理由はとても消極的なもので、妻の、マイホームが欲しくて欲しくてたまらない病に耐え切れなくなって屈したためです。35年ローンの重圧にも耐えられませんが、35年間ずっと妻のマイホーム欲しくてヒステリックブルー症候群にはもっと耐えられません。妻のマイホームへの飽くなきエネルギー量には僕は太刀打ち出ません。

専業主婦(うちだけかなあ)のマイホームにかけるエネルギーをどうにか産業利用できるエネルギーに転換できれば、石油産業も再生エネルギー産業も根こそぎ壊滅するでしょう。

マイホームが欲しい理由は、今の家のキッチンが狭くて料理に不自由なこと(客観的に狭いようです)、賃貸マンションが古くて汚いこと、設備が古いこと、幼稚園で交際のあるママ友がすべからく持ち家であること、庭が欲しいこと、所有物として部屋を自由に使いたいことなど、細分化すると理由はいくつかあるのですが、マイホームのない人生は考えられないようです。

マイホームが欲しいとしくしくといじらしく従順な態度をとってくれれば、可愛いし可哀そうだから35年間背負うことを覚悟してマイホームを買おうという気にもなるのですが、マイホームが欲しいという思いが敵対的な態度やイライラしたヒステリックな状態として夫に向けられると、積極的に買う気にはなりません。北風と太陽のようなものです(ちょっと違うかも)。

しかしながら、今回は北風の勢いがあまりにひどく、マジノ要塞張りの固い生涯賃貸派であった自分の防衛網が粉砕されました。

いつもイライラしてつんつんして子供にも悪影響が出ます。

平日はまだいいのですが、専業主婦(マイワイフだけかも)は土日になると途端に機嫌がわるくなります。土曜日の朝が特に機嫌が悪く、起きた瞬間からキッチンが狭いだのこんな家もういやだだの、いったいいつ家を買うんだのといって責め立てられる生活にもう疲れました。僕はタッチの上杉達也のように争いは好まない性格なので、言い争いは苦手です。

ということで、上の子が小学生になる前に買おうというところで落ち着いてもらい、たまたま近所で予算的にもよさげなマンションの建設が始まったのでモデルルーム巡りをしており、近々マンションの売買契約に判子を押すことになりそうです。

買うと心を決めてからは、むしろ逆にすっきりしてモデルルームめぐりを楽しめる心境となりました。

今世はあきらめました。

マンションは手付金として売買価格の5%~10%ほどを支払わなければならないみたいで、契約自由の原則があるので当然値引き交渉しますが、たぶん無理そうなので自分は現金が足らないので、株を売って現金化する必要が出てきそうです。消去法で中国株を売ることになりそうです。

なお、奥様が以下の事象に複数項該当する場合は、マイホーム欲しい欲しい病の急迫かつ現在の危険性があるか既に発症していることが考えられますので、その場合はもう心を決めてマイホームを買うのが1番の家庭平和への道標だと申し上げます。

・家のキッチンが狭くて平日は定期的にイライラし、休日は恒常的にイライラする

・家の設備がふるくて不満を言う

・幼稚園の〇〇ちゃんのママは誕生日にパパからマイホームをプレゼントしてもらったと言い始める

・幼稚園のママ友はみんな持ち家だと言い始める

・1番仲の良いママ友がマイホームを買って遊びにいってマイホームのよさを語り始める

・〇〇ちゃんのおうちがマイホームを買ったという話題に対して、35年ローンご愁傷様と冷たく言う夫に対して敵対的な視線を向ける

・子供が小学生に入るまでには住むところをかためたいと言う

・土曜の朝ブレックファーストを作っているときにいったいいつ家を買うのかもうこんな家いやだヒステリックになっていらいらし始める

・中古はいやだと言う

・電気のつけっぱなしによる電気代をけちるのに、マイホームにかかる資金は1マイクロメートルももったいないと思わない

・庭付き戸建てを買ってもらって当然だが、予算が足らないから仕方ないからマンションでも我慢してあげる、でも庭がついている1階がいいという態度を出す

・マイホーム購入に係る資金に自分は1円も出さないのは当然だと思っている

・モデルルームで営業員に対して自分も不動産の知識があることを披露して夫がマウンティングすると、黙ってろという視線を横から送られ、そういう自分は知ってるみたなアピールしないほうがいいよと言われる

・モデルルームの営業員が言うことに反論したり遮音性能や戸境壁の厚さなど細かいことを聞いたりするとまたしても冷たい目を送られ、そんなこと聞いてどうするのと言われて立場が弱くなる

・モデルルームの窓のメーカー(LIXILかどうか)やトイレのメーカー(TOTOかどうか)、ドアのメーカー(ニホンフラッシュかどうか)といった各素材のメーカー名を聞いていいメーカー使ってますねとどや顔で言うと、部屋の掃除するのはあなたではなくわたしなのだから、メーカーなんて聞く意味がわからないと営業員の前で怒られる

・マンションを買うのが目的化しており、営業員の機嫌を損ねかねない夫の質問に対しては総じて敵意を見せる

・妻とモデルルームに行くと四面楚歌だから子供と一緒に実家に帰して内緒でモデルルームに行って価格交渉しようと夫が決意する

・マンションの資金計画には一切興味を示さず、きれいで広いキッチンで料理することに夢いっぱい

・管理費や修繕積立金、固定資産税の存在は眼中にない

なお、なんでそんなマイホームが欲しい妻と結婚してしまったんだ人生乙と思われる方もいるかもしれません。一面ではそうだと思います。

間違いなくセミリタイアから遠ざかる雲よ状態です。

もっとも、妻には妻のいいところが他にありかわいい女性だと思っています。家事もちゃんとやってくれます。

矛盾していて矛盾していないのですが、マイホームが欲しいから自分でばりばり働いてお金貯めて私もローン組むわ、現在の家計状態を考えると予算はいくらで返済計画はこうよという女性より、マイホーム購入のために金銭的負担を自分が負う必要があるとはつゆとも思っておらず、おもちゃを欲しがる子供のようにおうち買っておうち買ってとねだりマイホーム購入後の家計状態にも一切関心がなくきれいなキッチンで料理することに夢を膨らまし新居の間取りをわくわく考えている専業主婦の女性のほうが僕のタイプなのです。

僕は業務で契約書の作成・レビュー(たまに実際の交渉も担当)を担当しているので、契約書が絡むマンション購入に向けた営業員さんとの交渉は楽しいです。

気が早いですが売買契約書と重要事項証明書も事前に送ってもらったので、35年ローンが嫌で発狂しそうになった場合には、妻に内緒で不合理な値下げ要求と売買契約書を真っ赤に修正するような内容の修正覚書を自分で作成して販売会社に送付し、相手にしたくない客認定されてマンション販売の抽選に外れようと思います。

 



2 件のコメント

  • 何とも言えませんが、契約した場合は無事に返済が終わることをお祈りしておきます。
    お金があればマイホームはあった方がいいと思いますが、一般的にはマイホームを何軒も変える家庭は少ないですから大きなギャンブルになってしまいますよね。

    • クロスパール様

      コメントありがとうございます。
      ブログ拝見いたしました。
      セミリタイア生活を実現なさっていること、とても羨ましく目標にしたく思います。
      不動産購入は初めてなのですが、営業員の人は何も言わないと1番安い変動金利で計算した安くみえる返済計画を見せたりと、投資と同じですが自分で動いて調べて知識を付けないとカモにされるなと実感しております。
      本音をいえば、私は現在住んでいる所を離れて自分の実家のエリアに家族を連れてまったりと生活したいのですが、これも妻が相当嫌がっているので実現可能性は期待できません。
      なるべく現実的な返済計画を立てたいと思っていますが、ローンに追加してマンションの管理費や修繕金、固定資産税等の将来の固定費のことを考え大丈夫かなと思いを巡らす日々を送っております。(じゃあ買うなよという話ですが)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です